入水鍾乳洞。




この夏、帰省以外にお出かけらしいお出かけ予定が無いAL家。

では、帰省帰りにちょっくら遊んで来よう~

と、前々から計画を立て、鍾乳洞探検を予約。



山形の実家を朝の6時に出て、高速に乗ってピューっと185km

2時間弱で着いたのは、

【 入水鍾乳洞 】

20140815-2.jpg



福島県田村市にある、あぶくま洞近くの鍾乳洞です。

あぶくま洞には以前に一家で行った事があり、

今回はあぶくま洞よりもハードな入水鍾乳洞へ



朝一番、8:30の予約だったので、

鍾乳洞入口、釣り堀前の駐車場に余裕で停められました。


お出かけ気分で るんるんのALも一緒に坂道を登って、

20140815-1.jpg




階段を登って、
20140815-3.jpg




受付。

20140815-4.jpg

こちらの鍾乳洞、入口から全長900mあり、

A・B・Cコースがあり、私達が予約したのは一番奥まで行くCコース。

ライト必至・ずぶ濡れコースです。

5人で 4600円、案内人付き。



早速、身支度開始。

事前にネットで散々調べて行ったので、AL一家の装備、完璧


① 濡れても生地が伸びる、長袖長ズボン

② 鍾乳洞からの頭部保護に、帽子

③ 天井からポトポトと落ちてくる水滴用に、100均カッパ

④ 両手が使える暗闇対策、首下げライト

⑤ 軍手

⑥ 防寒用・軍手の下に、薄手のゴム手袋

⑦ 防寒用、ハイソックス

⑧ 防寒用・水対策に、マリンシューズ

20140815-24.jpg

このマリンシューズ、ダイビング用なのですが、これ、超正解

丈が長いので砂利が入らない上に、密閉度が高く、

冷た~い水が入って来ない

あまりの水の冷たさに、断念する人も多いと聞いていたので、

ダイビング用を持ってきました。


受付近くにいた、地元のおばちゃんに、

すごいねー、ここまで完璧は珍しいよ 」 と言われるほどでした。笑



身支度を終えると、

予約時、予めお願いしてあった場所に、ALを…

20140815-5.jpg

2時間程、こちらでお待ちいただきます。



我が、AL一家に付き添ってくださる案内人さん、

純朴・寡黙な少年って感じな地元の若者は、

なんとビックリの短パンサンダル

完全防備のAL一家とは対照的な軽装でございました。

「 え? 寒くないんですか!? 」 と尋ねると

「 めちゃくちゃ寒いです 」 との事。笑




いざ、入水鍾乳洞へ

20140815-6.jpg

ここから一歩中へ入ると、中はひんや~り気温14度程。

最初は整備され、鉄板が敷いてあったりするAコースを進みます。

20140815-7.jpg

入水鍾乳洞って名前らしく、

すぐ横に水が豊富に流れています



20分程進むとAコース終了~

20140815-8.jpg

ここから、自然のままで舗装されていないBコースになります。

受付の人に、 「 水が冷たいですが、5分程で感覚が麻痺して慣れます

と言われていましたが、 ホントに冷たい

水温は10度だそうです。

でも、我が一家は無駄に完全防備だったので、

断念する程、麻痺するほどの冷たさを感じることはありませんでした


Bコースは所々、か細い照明がついておりました。

ツルッツルの鍾乳洞にキレイで冷たい水。

20140815-14.jpg

浅い所で足首あたり、深い所は膝上まで水に浸かります。




朝イチだったので、まだお客さんも少なく、余裕があります。

20140815-11.jpg


腰をかがめて歩くのって、ちょっとならなんてことないですが、

長くなってくるとかなりツラクなってきます。

20140815-15.jpg

そして、思わず頭を上げ、 『 ゴツっ 』 と頭を鍾乳洞へぶつけます。

私が一番ゴツゴツと頭をぶつけ続けておりました…



Bコース終点近く、 「 かぼちゃ岩 」 です。

20140815-16.jpg




ここからCコース。

通路は真っ暗、更に険しくなります。

20140815-12.jpg

この 写真はヤラセ感たっぷりですが、

まぁだいたいこんな感じです。

ぽっちゃりの方は通れないだろうと思われる個所も所々…

たまに、ハマっちゃって、少しずつ少しずつ角度を変えて

ようやく通り抜けられる人もいるんだそうです。




この先は四つん這いになって進む所もありました。

20140815-13.jpg

20140815-22.jpg




この辺りから、振り返って カメラにポーズを取る余裕が段々無くなり、

後から 写真を見てみれば、

私の 『 尻 』 が永遠と続いておりました…

20140815-21.jpg

20140815-9.jpg

20140815-18.jpg

20140815-10.jpg

20140815-17.jpg


この時の教訓 : カメラマンの直前を歩くべからず!!




Aコースから1時間半ちょっとで終点に到着

20140815-19.jpg

便所サンダルの若造案内人さんに家族写真を撮ってもらいました




ここが入水鍾乳洞の一番奥ですが、特に 「 終点 」 っぽいワケでもなく、

奥は更に狭く狭~くなりつつ、続いておりました。

20140815-20.jpg




帰りは同じ道をス~イスイ帰ります

途中、数組のパーティーとすれ違う為に、

人がすれ違える場所まで少し戻ったり、待機したりしましたが、

行き道の1/3くらいの時間で帰ってきました。


私達が戻ってくる頃は、お客さんがたくさん

結構な混み具合でしたので、朝イチがオススメです




ALを迎えに行くと、モーレツ歓迎してくれました。

20140815-23.jpg

ごめんねーお待たせ~  帰って来たよ~




パンツまでビッチョリ、身体が冷え冷えの我ら、

入水鍾乳洞から50mくらい先の 温泉へ向かいました。

20140815-25.jpg

こちらの温泉、鍾乳洞の半券を見せると、大人は半額 になります。

のんびり温泉に浸かり、冷えた身体を温めました。

身体を見ると、小さなアザがちらほら…

温泉からあがり、家族のみんなに

「 あちこちアザできたねー 」 と同意を求めましたが、

不思議な事に、アザがあるのは私だけ…

何故だ、何故なんだー




さて、駐車場に戻ると、案の定、 釣り堀に行きたいと言う子供達。

20140815-26.jpg

だよねー、そうくるよねー…

うまく出来てるねぇ~



入れ食いの釣り堀でチャチャっとヤマメを釣り、

お隣で塩焼きしてもらいます。

20140815-27.jpg

新鮮なヤマメは塩味が効いていて美味しかったぁ~




「 面白かったねぇ~ 」 と大満足で入水鍾乳洞を出ました。

20140815-28.jpg

「 じゃ、そろそろピーナッツへ帰りますか~



って、そう簡単に帰らないんだなーコレが。笑










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ALママ

Author:ALママ
『 AL 』 (アル)
2008.11.7生 ♂ (8歳3ヶ月)
千葉県
ブリティッシュケルブ出身

6歳すぎた辺りから色々不調がでてきましたが、
上手に付き合っていこう!

ALブログカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード