今更のクールボード。


今更ながら、クールボードのお話。


購入したのは… そうだなぁ……

6月頃かな

88.jpg




ダンボールから出すと、早速寝てみるALでしたが…。

99.jpg

あづそー





去年までは、『 なんちゃって大理石マット 』 で暑さを凌いでいたAL。

今年、新たにもう一つ、なんちゃって大理石マットを新調しましたが、

節電の今年の夏を乗り切るには、ちょっとココロモトナイ…

cool-2.jpg


cool-1.jpg





ネットで見つけたKPSクールボード。

1分間に約1℃熱を下げる効果があるボード 」 とあり、

そりゃ大変だ   と、思い切って購入しました。

お値段結構お高目

なんちゃって大理石マットが15個以上買えちゃいますが…

触った感じ、こちらの方が断然冷た~い

cool-3.jpg

薄いボードなので、リビングのドア前に置いても問題無いし、

いたずらも出来ません~



ここにいれば、寝ている間にうっかり置いてけぼりになる心配も無いので、

cool-4.jpg

ALのお気に入りの場所になってます








*** おまけ ***


先週末、またもや蘇我の花火大会へ行って来ました。

898.jpg

今回は、うちの子供達3人に加え、サッカー仲間も連れて。

この日は、隅田川や八千代の花火大会が重なっていたからか、

行きも帰りもスムーズ

車でピューっと行けちゃう花火大会、貴重です。




音楽に合わせて次々と上がる花火、結構気に入りました

古い曲から最近の曲まで、いろんな曲がありましたが、

B'Zのウルトラソウル、みんなで熱唱し、合わせてドガーンと花火が上がり、

大爆笑しました

あーオモシロかった

905jpg.jpg

残念ながら、今年の花火は、先週で終わりみたいです。

来年も行きたいな~





スポンサーサイト

現金の拾得物。




b324jpg.jpg

あ・・・バれた!?

ごめーん、ちょっと待ってて~



b323.jpg






今年4月10日。

都内の水元公園へ 花見に行ったときに次男が拾った二千円

水元公園近くの交番へ届け、3ヶ月後の7月11日から9月10日まで、

落とし主が見つからない場合、受け取りが可能でした。



自宅近くの警察署に 電話してみると、

「 都内の警察署に、平日の朝8時半~17時15分の間に受け取りに行って下さい 」との事。



平日の8時半から17時15分

しかも都内の警察署



ちょっとちょっとぉ~


それって、事実上、無理じゃね

子供の社会勉強を兼ねて、届けたのに、

平日のそんな時間に電車に乗って都内までなんて、受け取りに行けないぢゃん

私が有休を取って受け取りに行こうと思えば行けるけど、

有休取って二千円…

しかも、子供の社会勉強はどこへいった



幸い、うちの場合は夏休みがたまたま2ヶ月の期間内に入ってるけど、

普通は無理ですよねー

変な規則~




いやいや、そこでうろたえてはいけない。

先週、子供達が山形から 新幹線で帰って来るのを、

有休2時間取って、東京駅まで迎えに行く予定だったので、

その日に受け取りに行く事にしました。




向かったのは秋葉原、万世橋警察署

薄暗~い署内(節電の為)、二階の会計課へ行きました。

拾得物件預かり書 」を提出し、しばらく待たされました。




むかーし昔、私が少女だった頃、七千円を拾い、同じ様に警察署へ行ったら、

「 はいどうぞ。」と、機械的に七千円をそのままピラリと渡され、

かなーりガッカリした記憶がありました




ウキウキ、ドキドキで待っている次男の為に、

「せめて、何か一言、言ってくれないかな…」と思っていると、

さすが、万世橋警察署の警官のおじさま



「はーい、二千円です。いい事をしてくれたからいい事があったねー  ご苦労様でした

と言ってくれました。

次男は大満足のニッコリ笑顔でした

w727.jpg





ヒバゴン脱走。




昨日の朝、起きて1Fリビングに下りて、

テーブルの上の ヒバゴンルームを覗くと、(はいそうです。ヒバゴンはリビングテーブルの上にいます。)




……… いない 。。。。。   




ちょっと、ヒバゴンいないぢゃなーい


大変~   みんな起きて起きてー     


寝ぼけたAL家、総動員で ヒバゴン捜索が始まりました。

昨晩、娘が見た時はいたみたいなので、

夜中に脱走したものと思われました。



ソファをどけたら、ホコリいっぱい

平日の朝、6時から掃除機かけたり、家具を動かしたり、めちゃご近所迷惑

ソファの間もソファの下もいない

窓際にも、ガラス戸にもいなーい


「 既に、 ミミとか ジルとか ALに食べられちゃったのかもぉー





主人と私の出勤時間が迫り、いた仕方なく、

サッカー練習に行くまでに全力で探してね 」と息子達にお願いしていた時、



ザザッ   と、いつもにない軽快な動きをする ジル。

はっ!として、慌てて駆け寄り、ジルを押さえたら、そこに

いましたいましたぁ~

gon-1.jpg





んもー。心配させないでちょーだいっ

あぁ、夜中にジルに見つかっていなくてヨカッタぁ~

jil.jpg





って事で、 ヒバゴンルームの屋根、補強します

yane.jpg

長男、製作中です。

これで、もう大丈夫…

ヒバゴン、うちは危険だからね、お願いだからヒバゴンルームから出ないでね

alal.jpg






かわいいお友達いらっしゃ~い。


( 爬虫類が苦手な方、ご遠慮ください )











ALと遊びに行った川で出会ったかわいいお友達

b124.jpg



ヒバカリ 」。

日本の山や川によくいるヘビちゃんです。

体長20㎝ほど。

まだ子供だと思われます。




主人が見つけ、慌てて私に見せに来ました。

かーんわいいぃ~ 」と、意見一致。

日本は鳥獣保護法により、鳥や獣は連れて帰れませんが、

この子は毒蛇でもないので、連れて帰ってもOK。

同じ川にいた、 オタマジャクシや カエル・ 小魚等をわんさかすくい、

一緒に連れて帰りました





帰ってから主人と必死に飼育方法を調べました

幸い、うちは 爬虫類飼育の経験がありますので、

水槽、餌入れ、床材、シェルター等、揃っていました

なので、小さな ガジュマルの木のみ、購入。



ガジュマルの木を入れると、早速登ってくれましたー

b308.jpg

う~ん、かわいい





山形にいる子供達に「 ヘビちゃんがうちにやってきたよー 」と話したら、

「まーじぃぃ~!?早く帰りたーい」と大騒ぎ になり、

自宅に帰って来るなり、ものすごい勢いで水槽を覗いておりました

w734.jpg

ヘビちゃんの体調を考え、続けて10秒以上は触らない事にしました。

ヘビの体温は低いので、かわいいからっていじくりまわしていると

人間の体温でヘビが熱中症になってしまうので、ぐっと我慢です





エサを食べなかったら返しに行こう! と、主人と話していましたが、

カエルちゃん等を美味しくいただいてくれてるみたいです。

ヘビの頭よりずっと大きい カエルちゃんなんですけどね。

b305.jpg






脱皮もした様子。

b319.jpg


栄養が摂れているみたいで一安心です





名前は検討中。

いや、実は子供達が帰ってくる前に、主人が名付けたのですが、

すんごい子供達に不評で

氏名変更予定ですが、決まるまでは仮名として主人が付けた名を…



ヒバゴン




……汗。





子供の居ぬ間に…④




先週末、土曜日は主人と 花火へ行って、ALはお留守番してもらったので、

日曜日は ALの日



渋滞で遠くへは行けなそうなので、

ピーナッツ、養老渓谷へ行くことにしました



らぶままちゃん から教えてもらった場所へ行くと、

それはそれは大変な賑わいっ

お盆って言っても、帰省してない人も結構いるのねー



この日はたいそう暑くて、駐車場から川まで、

アスファルトを歩かせるのはちょっと怖かったので、

アスファルトを歩かなくて済む、周辺の川遊びポイントを探すことにしました。

その途中、「 小湊鐵道 」の 電車を見る事が出来ました。

b150.jpg


小湊鐵道、1両編成の非電化・単線電車です。

走っている本数が少なく、出会えるのは貴重なので、思わず写真を撮っちゃいました




車でウロウロウロウロ、探すこと1時間半。

ようやく良さげなポイントを発見



大きな通りから細い道路を一本入り、更に細い道を入り…

車1台がやっと通れる道は、先に歩いて偵察に行きました。



水自体はキレイですが、泥があったりするので、若干お水は茶色。

でも、AL、すんごく楽しそうです

b159.jpg



こちらの川、大部分が浅く、たまに深いところがあっても、水深1m位。

流れも弱いので、ALを安心して遊ばせられました

b190.jpg




主人と私は、そこらへんを網でジャーバジャバすくい、

魚釣りの生き餌になる、ヤゴや エビ、 小魚を捕まえます。


生き餌が捕まると、釣り針に ちょん と刺して、釣りポイントへ移動するのですが…

移動しようとすると、決まってどこからともなく、

後ろの方からザバザバザバザバ…と、助っ人外人登場

えらい爆音と水しぶきを上げながらやってきて、そして、抜かして行きます

b187.jpg




あの…お魚逃げるんですけど…

b182.jpg




そして、まさにここへキャスティングしよう  ってポイントに向かって飛び込んでくれちゃいます。

b226.jpg



あぁ、ありがとうねー助っ人外人さんよぉ~…

b264.jpg




でも、ここのお魚って素直

主人も私も簡単に釣れちゃいました

b222.jpg




そういえば、まだ子供がいない頃、こんな感じのデート(!?)をよくしていました。

子供がいてもいなくても、結局同じ様な事してるんだな…


我を忘れて遊んでいたら、17時のチャイムが鳴りました

「 じゃ、そろそろ帰ろうかー 」 と帰り支度をしていた時、

かわいいかわいいお友達 を見つけ、連れて帰りました~




→ かわいいお友達の紹介は次回につづく。。。






子供の居ぬ間に…③




らぶ家と イタリア~ン → 主人と イタリア~ンときまして、翌日は金曜日!

せかくの金曜日ですから、仕事の後に飲み屋へGO~

しこたま飲んでおしゃべりして笑って帰宅


翌日、土曜日は主人と 花火大会へ行く事にしました。

やっぱり、夏の間にせめて一回は花火を見なくっちゃ

この日は、いろんな所で花火大会をやっていたけど、

どこへ行っても渋滞がすごそうなので、比較的近場を選びました。



花火の前に、買い物をして 映画 「 メカニック 」 を観ました。

私はどっちかって言うと、「 コクリコ坂から 」の方が良かったんだけど。

「 メカニック 」 は、いわゆる、スナイパーのお話

アクション系はキライじゃないんだけど、

この映画は まんま、 スナイパーのお話でした。(そりゃそうだ)


感想…→ いやぁ~疲れた疲れた


私、格闘シーンや血みどろシーンはもう な体みたいです。

あぁ、大人になったな…


観終わった後、主人は 「 なかなかオモシロかったね 」 って。

んまー、さすが、少年の心を持ち続けているだけあるわっ





花火大会は、蘇我の小さな入り江の中から打ち上げされました

1500発で、20分位の花火大会だったので、そんなに期待していなかったのですが、

なかなか良かったです


吊り橋みたいな花火もあったりして。

w723.jpg
( 注:火事ではありません )



ただ、ドォーンっと、大きな花火がなかったのがちょっとだけ残念


ま、でも近いし(車で40分)、そんなに混んでないし、近くで見られるし。

8月は毎週打ち上げているみたいだから、来週は子供達も連れてきてあげようかな





子供の居ぬ間に…②




らぶ家と、美味しい イタリア~ンをいただいた翌日、

今度は主人と イタリア~ンな夕食


主人の帰宅時間に合わせて、 ALと一緒に駅まで行き、

駅前のイタリア~ンなお店のテラスで夕食しました。

重いカメラをわざわざぶら下げていったのに、メモリカード入れるの忘れた

ブログ用に写真をUPする為に、カメラからメモリを抜いたんだった…

最近よくやる失敗です


なので、写真は携帯で撮ったこの写真のみ。

 

avant.jpg



世界のビールフェアをやっていたので、

ベルギーやチリ、ドイツ、フランスなどの ビールをいただき、

ほろ酔いのいーい気分で、主人とALと三人、ぶらりぶらり歩いて帰宅しました



あーなーんて贅沢~っ




子供の居ぬ間に…①



山形へ子供三人、丸投げして帰ってきた夫婦+AL。

さあさあ、何してくれようー



って事で、山形から帰ってきた翌日、

節電で2時間早く退社出来る事になったので、

「 夜ご飯食べましょー 」と、唐突にメールを送り、

やってきました、『 ボッカボーナ 』

w216.jpg




突然のお誘いなのに、一家全員で来てくれた らぶ家 のみなさん、ありがとー

w211.jpg

ブーラン、こんなにご立派になられて…

おばちゃん、涙で前が見えなかったよ

見て、この凛々しい横顔

優しいお姉ちゃんの教育もいいんだろうね





主人は帰りが遅いので、私とALだけで来たんだけど、

よーく考えたら、それじゃー 飲めないじゃん!!

あー失敗した

らぶぱぱが飲んでた ビール、美味しそうだったなぁ~




相変わらず、使い方がよく分かっていない一眼レフ。

w193.jpg

なんだか、ひゅ~どろどろ系に真っ暗ざんす。

らぶぱぱさんにチャチャっと設定を直してもらいました





私が頼んだ、ペンネアラビアータ。(千葉産椎茸入り)

w207.jpg


それと、ブラッドオレンジジュース。



しかし、らぶ家、「サラダとー、ピザとー、カルパッチョとー、パスタとー…」

と、豪快に頼む頼む

え?まだ頼むの??って程頼んで、私にも分けてくれる、優しいご夫婦

すっかりご馳走になっちゃいました




ALも、ちっちゃなわんこフードを頼みました。

w198.jpg

なんだっけね?

と…とにかく、美味しそうにいただいてました



平日の夜、明日も仕事だってーのに、

楽しくおしゃべりしてあっという間に21時。


帰り際、らぶままちゃんがおトイレ行っている間に、

かわいらしい集合写真をパチリ

w217.jpg




名残り惜しかったけど、高速をぶっ飛ばして帰ったのでした


平日に高速ぶっ飛ばしてお友達と ディナーなんて、

なーんて贅沢~っ





山形・馬見ヶ崎川。




先週初め、 にゃんこを除く、AL一家でパパの実家、山形へ。


夜、8時半に自宅を出発して、みんなが爆睡する中、運転な私。

「子供達が トイレって言い出したら休憩しよう」と思っていたけど、

結局誰も起きなくて、ノンストップで4時間ちょい。

あっけなく山形に着いちゃいました




w9.jpg

AL、山形の家に、すんなり入れてもらえる様になったものの、

リードを外すことがなかなか出来ません。

ばーちゃんは、ALの抜け毛がとっても気になるみたい。

そして、主人のお姉さんに、何故だか唸ります

お姉さん、とっても友好的なのになぁ~

ALが唸るのは、長男の学校の先生とお姉さんだけです。

何が違うんだろう?

何か、感じるんですかねぇ…





それにしても盆地の山形、暑ーい

朝晩は比較的過ごしやすいものの、昼間の暑さは尋常ではありません。



あまりに暑いので、近くの馬見ヶ崎川へ遊びに来ました。

w23.jpg


こちらの馬見ヶ崎川のもう少し下流の河原では、

9月の第一日曜日に 「 日本一の芋煮会フェスティバル 」 が行われます。

直径6mの『 鍋太郎 』で、三万食程の芋煮が作られます。

普段はのどかなこの河原、その日だけは超満員の人でごった返します。

山形の芋煮は醤油ベースの味付け。

って言うか、むしろ醤油のみの勢い!

味付けは醤油と味の素とお酒だけなんだけど、美味しいんだなーコレが





AL、うれしくて大はしゃぎです

小さい滝から落ちない様に、気をつけないと危うい。

w108.jpg
(逞しい私の後ろ姿…。うーん、男らしい!)




子供達はすぐ後ろで、おたまじゃくしや、小魚捕獲に一生懸命ですが、

ALはALで自由に楽しんでいました

w71.jpg


w73.jpg


w51.jpg










*** おまけ ***



山形の行き道、23時半頃になって私もだんだん眠くなってきて…

「 これは危ない 」って時にあみだした眠気覚まし方法。




① オーディオのアルバムを 「 聖子ちゃんアルバム 」 にセット。(明菜ちゃん、B’Zなどでも可)

② 音量をやっと聞こえる位に下げる

耳をすます

④ 曲名が分かったら、「 ピンポーン 」 と元気良く小声で叫ぶ。

⑤ 「 渚のバルコニー! 」

⑥ 解答するも、答えは分からず。笑

⑦ 「 ♪なーぎさーの、バルーコニーで~…♪ 」と、サビになってやっと… 

⑧ 「はい、正解っ!」と、一人二役で楽しむ




ポイントは、自分があまり詳しくないアルバムをチョイスする事。

これ、音量小さいから家族を起こさないし、

集中しないと聞こえないから目覚めるし、一石二鳥



お試しあれっ






シーパラのお土産。




ディズニーランドよりも、 水族館が好きな我が子供達。

鴨シーなんて今まで、一体何回行ったんだかか…




今回は八景島シーパラダイスへ行ってきました

jin-2.jpg



水族館内は涼しくて快適ですが、

jin-3.jpg

子供達のお目当ては鯨類。

ショーの時間がメインなので、ショーが始まる時間になると、

お魚ちゃん達の水槽は素通りで、ショーに向かいます




シーパラダイスの魅力はやっぱり、ジンベイザメかな 

迫力満点のジンベイザメを近くで見ることが出来ます。

残念なのは、 シャチがいない事

日本で飼育されているのは、ピーナッツの鴨シーだけなんだそうで。

シャチが大好きな子供達は、ちょっと残念そう…




でも、ALがいました

jin-1.jpg

結構似てます





さて、本物のALは自宅でお留守番

シーパラのお土産に、ジンベイザメのぬいぐるみを買ってきました。

jin-4.jpg

どーしてもコレをやらされちゃうのよね




適度な堅さのジンベイ。

AL、お気に召した様です

jin-6.jpg




ちょっと油断をすると、主人や私がいじわるして、

ジンベイを略奪にくる事を知っているので、

取られない様に、用心してます

jin-5.jpg


ジンベイがちょっとでもALの手元から離れると、

「あ  ジンベイみっけー

と、主人や私に言われるので、慌ててジンベイを迎えに行きます


その慌てっぷりが可愛くて、何度も遊ばれちゃうALでした~






富士’2011 ~西湖・〆のラーメン編~




山中湖の スワンボートを満喫したAL家。

山中湖と河口湖は遊泳禁止なので、

湖水浴& 釣り&ALの水遊びが全部出来る、西湖へやってきました

b738.jpg

正面にキレイな 富士山が見えるハズなんですが、

雲で全く見えません

私達が登った時よりもお天気悪いのかもしれません。





こちらの西湖、去年の夏にも来ていて、勝手を知っているので、

到着した途端、子供達は 釣りへ。 ALはザブザブ入水




長男に、何回もお気に入りのオモチャを投げてもらうAL。

b735.jpg



結構泳ぐの早いです。

b707.jpg

b705.jpg

オモチャを長男の足元にポトリと落とすと、

すぐに又、湖に入り、どんどん泳いで行っちゃいます。





3泊4日の 富士登山旅行、翌日から仕事だってのに、

相変わらずなかなか帰ろうとしないAL一家。

旅の〆に、 ラーメンを食べよう  って事になりました。

ラーメン屋へ行く途中、 富士山が見えました。

b785.jpg

頂上付近、雲が渦を巻いています


「今、登ってる人達、雨に降られてないかなぁ~

「あの、てっぺんまで行ったんだねー

「信じられないねー


前日、あの頂上にいたなんて、何とも不思議な気分でした。




で、やってきました〆の ラーメン屋さん。

w284.jpg





私が頼んだのはネギ味噌ラーメン

w287.jpg



食後、子供達はサービスの かき氷に群がり、ENJOYしておりました。

w288.jpg
(↑こちらの店員さん、「アッキーナに似てる!」と長男絶賛 )



私たち夫婦は楽しそうな子供達を見つめ、  にっこり微笑んでいた、その時!!



事件は起こった!!



主人:「  ねー! ちょっと大変!! 足に釣り針刺さってる!!」

私 :「  釣り針!? 釣り針って魚を釣る針!? え? 誰の足に??」
 
主人:「  オレのオレの!!」

   (ちょいと生々しい写真なので、苦手な人は飛ばしてね)

w312.jpg


信じられません

こんな痛そうなの、何故今まで気付かないのか…




  あの時、刺さったのかなぁ~

w280.jpg

おまつりしちゃった釣り糸と長時間闘う主人に

「もー切っちゃえば 」って言ったら、

「いや、オレは諦めない 」と、意地になってたっけね~





車に戻り、魚用のペンチ(!?)で釣り針を引っこ抜く、少年 船長でした。

w314.jpg

刺さったのがALじゃなくてヨカッタぁ~  (





帰り道、車に乗ると、即爆睡の子供達

w316.jpg
(末娘、セクシーダイナマイトでスミマセン


いい夢見てるかなー





富士’2011 ~山中湖編~




山中湖湖畔に建つペンション、Rose Garden にて目覚めた 富士旅行最終日。


前日の相談では、「バギーやろうか?バナナボートやろうか?水陸両用バス乗ろうか?」

と、いろいろ悩んでいましたが、お天気イマイチだし、寒ーいっ




とりあえず山中湖へやってきました

w199.jpg




白鳥のエサを買うと、みるみる白鳥が集まってきました。

w24.jpg




が、ALの姿を確認した白鳥さん、

b636.jpg




かなりの戦闘モード

w210.jpg




ALに敵意は全く無いんだけどなぁ~

w215.jpg






白鳥さん達と仲良く(!?)戯れていたら、

ボート管理のおじさんがやってきて

「ボート、 わんちゃんも一緒に乗れますよ 」と言うので…



こちら、 

b635.jpg

憧れのスワンボート、『 ジュピター 』(足こぎタイプ)




ちょっぴり、へっぴり腰気味のALを、無理やりスワンボートに詰め込み、

w218.jpg




出航~

富士登山の筋肉痛の翌日、このスワンボートの 『 キコキコキコ 』 は結構ハード。

w263.jpg

しかも、パパ、漕いでないし


パパ船長、漕いでないくせに、「 飛ばすよっ 」と指令を出します。

船員(船長以外の4人)は、キコキコキコキコ言わせながら、

スワンボートを懸命にこぐのでした




しかも、少年の心を忘れない 船長、果敢に白鳥捕獲に挑みます。

w238.jpg




ほーら、怒っちゃった

w239.jpg




AL、危ないよ   隠れなさい

w240.jpg





「白鳥ってさー、 目が笑ってないんだよねー

と、真剣につぶやく 船長でした。





富士’2011 ~Rose Garden編~




富士山を下山してALを迎えに行き、向かったお宿は、

山中湖湖畔にある 『 ペンション Rose Garden 』 。

b632.jpg


初めておじゃましましたが、明るく気さくな奥様とシャイなご主人と

お嫁さんが頑張る、ステキなお宿でした。

チェックインをしていると、ご主人が

「富士山大変だったでしょう。 お風呂、すぐ入れますよ

と言ってくれました。



前日は山小屋で体を拭いたきり、

前々日は本栖湖の小屋で体を拭いたきりの

きちゃない一家は、早々にお風呂に入ってキレイサッパリ





夕食はペンションの食堂でいただきます。

b540.jpg

ボリュームたっぷり

どれも美味しかったです



特に人気だったのは、やはりコレ
溶岩プレートで焼くお肉は柔らかくてジュースゥィィ~

b-545.jpg

取り合いになりました




ふと足元をみると、ALはこんなかんじ。

b557.jpg





夕食後、部屋に戻って富士山のお土産をALにあげました

b565.jpg

とても気に入っていただけたご様子

b577.jpg

破いて、そばがらが散乱しないといいけど…

b586.jpg




くたくたに疲れた子供達は、パジャマに着替える間もなく、撃沈

b594.jpg

んんん   次男がいない



あぁ、いましたいました   こんな所に。

b595.jpg

ベッドから落ちてるうえに、妹に踏まれてる……




主人と私は、キーンと冷えたビールで登山成功のお祝いをしたのでした





富士’2011 ~富士宮市内編~




富士登山当日、本栖湖にて心地よい目覚めのAL一家。

富士宮五合目から登山するので、

富士宮市にあるドッグホテルに、ALをお願いする事にしていました。



一見、普通の民家に見える 『 ドッグテールWAN 』

わんこを愛してやまない、奥様がALのお世話をしてくれました。


b521.jpg

b-532.jpg
(↑写真はお迎え時)


東北の被災地のわんこ受け入れ活動もしているこちらの奥様。

ピーナッツの方にもたくさんネットワークがあるんだそうです。

今、 秋田犬の里親を探しているんだそうで。

秋田犬2匹、ご家族に迎えてもいいかな?と思う方、ご連絡ください



ALをお願いした日は、20匹以上の 小型犬ちゃんがいて大騒ぎでした

ALには、クーラーの効いた一部屋を用意してくださいました。

たくさんの 小型犬ちゃんとも遊ばせてくれたんだそうです。

「ALくん、たくさんの小さい子に囲まれても動じなかったわぁ~

「いつでもおいで。事情があったらいつでも引き取るわよ

と言って下さいました



その奥様に 「 富士宮に来たら、やきそば食べてかなくっちゃ 」と、強く勧められたので、

やってきました、浅間神社近くの 『 お宮横丁 』

b175.jpg

注文が入るとその場で焼いてくれるおばちゃん。



富士宮焼きそばの特徴は、

b191.jpg

①蒸し麺だから、好みで固くも柔らかくも仕上げられる。

②お肉は、豚の背脂を絞った ”肉かす ”

③紅しょうがは ”みかちゃん ”。普通の紅しょうがよりもちょっとお上品なんだそうで。

④最後にふりかけるのは、いわしの粉。


とっても美味しかったです

「だって、要は ”やきそば ”でしょー!?」

とか言っていた主人も、絶賛しておりました




隣には、湧き水もあり、冷たくて美味しいお水が飲めます

b187.jpg




入り口にあった、焼きそばの神様(!?)にも、登山の無事をお願いしときました

b202.jpg


無事、登山できたのも、この焼きそばの神様のご利益かも




富士’2011 ~本栖湖編~




(長文の富士登山・下山を書き終えたので、ポツポツ前後のイベントを…)




富士登山をするにあたり、

寝不足を避ける為、前日は本栖湖の湖畔に泊まる事にしました。



やってきたのは、去年もお世話になった 『 本栖湖レイクサイドキャンプ場 』

b124.jpg




今回の目的は、”とにかく体力温存 ”

って事で、テントは張らず、コテージ(というか小屋!?)に宿泊する事にしました。

b162.jpg




キャンプ場について早々、湖じゃない所で遊びだす三人。

b13.jpg




一方、ALはこちら。

b71.jpg

b901.jpg




今回は食材も持ち込まなかったので、夕食は近くの食堂へ

が…、営業時間内のハズが、お店真っ暗、人の気配無し!

仕方ないので、唯一のレストラン、『 ガスト 』へ プッ

結構寂れている本栖湖周辺でした




翌日の登山の為に、21時消灯~




富士登山’2011 ~下山編~




(今回も、ガッツリ富士下山の長文なので、興味のある方だけどうぞ




ご来光を夢に見て、必死こいて登り切った 富士山。

登ったって事はモチロン下りなきゃなりません



私達が登った富士宮ルートは、4つのルートのうち、距離が一番短く、

いわゆる、他のルートよりも急勾配。


その道のりを下山するのは、膝がかなりキツイと聞いていました。

私も、持病の足にまるで自信がなかったので、

六合目までの下山道を御殿場ルートに変える事にしました。



頑張って登りきった憧れの富士山頂でしたが、

あまりのしんどさに長居出来ず、「 お鉢周り 」 は早々に諦め、下山~





2011.7.26 05:55 富士山頂を出発。

w170.jpg




これまた、息子達はごつごつ岩だらけの下山道を

駆け下りる様に下って行き、あっと言う間に姿が見えなくなります

b441.jpg



私のガラスの左足首はくじいたら最後なので、

一歩一歩、ストックを使いながら確実に下りていきました。

ストック、2つあって本当に助かりました



お天気も良く、下山する毎にどんどん体調も戻っていくので、

写真など撮りつつ、楽しみながら快調に下山です

w177.jpg



山中湖がキレイに見えました。

w179.jpg

緑や景色を楽しみながらの下山はとても快適でした




2011.7.26 07:40 御殿場口 八合目到着

休憩を25分入れました。



焼き印を押してもらう長男。

b454.jpg


登山時は、時間が遅くて、山小屋の焼き印を押してもらえなかったので、

下山で必死こいて集めています



ふと気付くと八合目の山小屋に着いていました。

御殿場ルートには九.五合目も、九合目も山小屋はありませんでした。

だから、上級者向けと言われるのかなぁ~

八合目の山小屋には、とっても気さくな女性スタッフがいて、心和みました


b467.jpg

この 写真を撮ってくれたのもその方です。





2011.7.26 08:25 御殿場口 七.五合目到着

休憩を5分入れました。

w180.jpg

遠くに見えるのが宝永山。





2011.7.26 07:40 御殿場口 七合目到着

休憩を40分入れました。

この辺りはだいぶ暖かく、カッパ(上)、フリースを脱ぎました。





2011.7.26 09:30 御殿場口 大砂走り到着


砂煙対策完璧! マスクにサングラスの怪しい一家。

b474.jpg

この怪しい格好で砂走りへGO!



実家・山小屋のスタッフから、「 楽しいよぉ~ 」 と聞いていましたが、

う~ん… 楽しみ方が違うのか、楽しさがよく分かりません。。。

思っていたより岩がゴロゴロしているので、

砂の滑りに任せて、スピードを上げるのが怖い

「こーやるのかな? いや、それともこーかな…」

と試行錯誤しているうちに、大砂走り終了~




b508.jpg

宝永山をぐるっと迂回して、富士宮六合目を目指します。




2011.7.26 09:55 御殿場口 宝永山分岐到着

b485.jpg


宝永山をぐるっと迂回して、富士宮口六合目を目指します。

「 急勾配じゃないから足に優しい 」 と選んだこのルート。

思ったより距離ありまして、かなり遠かった




しかも、ものすごい強風

子供は手をつないでいないと、飛ばされちゃいそうです。

次男、パーカーのポケットに入れていたマスクが、飛ばされてしまいました。

前日の本栖湖で、みんなの帽子にパンツのゴムをチクチク縫いつけたのが役に立ちました。


休憩しながら、相当歩いた気がします

b487.jpg





2011.7.26 11:20 富士宮口 六合目到着

休憩を10分入れました。


さー、ゴールは間近

足取りも軽く、どんどん下ります。

これから登る人と擦れ違うと、何だかちょっと先輩な気分のAL家一家。

「 行ってらっしゃぁ~い 」 なんて言っちゃったりして





2011.7.26 11:45 富士宮口 五合目到着

b518.jpg


三本目、最後のアミノバイタル・プロを飲み干しました。





登山  7時間50分 (休憩含まず)

下山  4時間30分 (休憩含まず)

AL家、なんとか富士登山成功いたしましたー

私と娘にとっては結構過酷な登山でしたが、いい思い出になりました。

家族のみんなも、いい経験になったんじゃないかな



2年生の娘、よく頑張ったと思います。

今回会った人の中では、娘が一番小さかったんじゃないかな。

半泣きしながらも、「絶対登りきる!」と ガッツのあるとこ、見せてくれたね。

「えー!? 2年生!? すごいねー!!!」と

言ってもらえる度、いい笑顔をしていました

うん。一生の誇りにしなさい




息子達の体力にも恐れ入りました。

元気な二人がいてくれただけで、母は元気を分けてもらえた気がします。

思った通りでしたが、さすが! 日々の賜だね

自慢してヨシ




主人は、ゲーゲーガールズに付き合ってくれ、励まし、重い荷物を持ってくれました。

ありがとう

次回は(次回あるのか!?)一緒にご来光を堪能しましょう






《 おさらい 》


①首から提げるライト、GOOD!

②結構寒い!小さくなるダウンがあってもいいかも。

③山小屋はもっと下調べしてチョイスするべき。

④小学校2年生でも根性あれば登れる。

⑤サッカー少年の体力、侮れない。

⑥高級cx-wタイツ、たぶん効いた。(筋肉痛ほとんど無し)

⑦足首のテーピング、かなり効いた。(健康な足の方も貼れば良かった)

⑧アミノバイタル・プロ、たぶん効いた。

⑨高山病の呼吸法、かなり効いた。

⑩富士宮ルート、結構キツイ。





下山してから、

「 又、富士登山したい人ー 」 と聞いたら

はーい 」 と元気良く返事したのは長男だけだった…


私も、高山病のキツさがまだ忘れられず、今のところリベンジする気になりません



…とか言って、一年後にはまた 登ってるかもぉー

w709.jpg





(この長文を最後まで読んでくれた奇特な方!重ね重ね御礼申し上げまする







富士登山’2011 ~登山編~




(今回、ガッツリ富士登山の長文なので、興味のある方だけどうぞ






富士登山。


『 いつか家族全員で登ろう 』 と、子供が小さい頃から主人と話していました。


来年、長男は中学生だから忙しいかもしれないし、末娘は小学2年生になったし…

って事で、『 今年登ってみよう 』 って事になりました。



しかし、なんと言っても登山初心者。

今まで、ちっさい山しか登ったことがなく、

初心者でいきなり富士山…   とも思いましたが、敢えて決行する事にしました




一番心配なのは私の体力 。 そして、持病のある左足首。

本を買ったりネットで調べたり、それはそれは忙しい準備期間でした。





持ち物。

揃え出して始めて知ったのですが、登山って、持ち物大変!!

一から揃えるのは至難の業!!

実家からカッパやザックは借りたものの、大変な散財でした



*ザック   (私と主人のは実家から借用。30リットルくらいの物)
         (子供達は普段使っているリュック)

*ザックカバー(100均のとって付きビニールで代用)

*カッパ   (私と主人のは実家から借用。通気性のよいゴアテックス)
         (子供達は簡単なカッパしか無かったので、通気性のある上下カッパを購入)

*帽子    (ゴムが付いていなかったので、パンツ用ゴムを縫い付け)

*ライト   (お店の人に勧められ、首から提げるタイプを購入→大正解でした)

*軍手    (大人用と子供用それぞれ)

*ビニール手袋(雨が降った時、軍手の上にはめる用、薄手の使い捨てペラペラ)

*ゴミ袋   (スーパーの袋。山にはゴミ箱ありません)

*エチケット袋(高山病ゲーゲー用)

*日焼け止め (絶対塗らないとダメ!)

*濃縮酸素  (効いたのかワカラン)

*食べる酸素 (効いたのかワカラン)

*帽子止めクリップ(100均。帽子と洋服をとめる)

*カメラ   (私はコンデジ・主人はデジイチ)

*タオル   (中は洗面用等・小は帽子の下に敷いて首の後ろの日焼け防止)

*マスク   (砂煙結構ヒドイので、立体型のもの)

*サングラス (100均。なるべく顔に密着するもの)

*ストック  (実家と友人から借用。2本あるとGOOD!)

*カイロ   (8合目辺りから寒くて使用)

*ウェットティッシュ  (山小屋で顔やら体を拭く)

*歯ブラシ  (山小屋泊して出発する時、気分爽快!)

*ポケットティッシュ

*アミノバイタル・プロ(疲労回復に効果テキメン!!)

*保険証   (念の為)

*筆記用具  (山頂でハガキを書くつもりでした)

*常備薬

*目薬

*100円玉一人10枚(トイレ有料です。100円から300円。トイレットペーパーはあります)

*フリース・パーカー  (防寒。パーカーは6合目から、フリースは8合目から着用)

*速乾Tシャツ

*ペットボトル  (大人は3本、子供は2本持参しましたが、寒かったからかかなり余りました)
          (山頂ではペットボトル500円)

*飴

*お菓子

*乾燥マンゴー  (サッパリして大人気でした)

*エネルギー飲むゼリー(気分が悪いとき、これなら少し飲める)   

*おにぎり  (山小屋で食事が出る場合は不要)

*山用タイツ (私用。cx-wという疲労軽減機能系タイツ。16800円程)

*足首テーピング (私用。足首保護。足を乗せて貼っていけばいい形に切れてるタイプ)

*膝用テーピング (私用。膝保護。貼っていけばいい形に切れてるタイプ)

*踵用インソール  (私用。踵保護。ソルボという製品)



↓以下は「持って行ったけど使わなかったもの」

*サバイバルシート (100均。8合目辺りから使っている人もいました)

*電池    (ライト用。新品だったので電池切れませんでした)

*携帯充電器 (充電切れませんでした)

*下着    (変える余裕ありませんでした)

*携帯非常食

*コールドスプレー 

*冷えピタ

*トイレットペーパー (山小屋のトイレにありました)

*叩く保冷剤





これだけ詰めると、大人のリュックも子供のリュックも結構パンパンでした

買う物はなんだかんだ結構ありまして、

ちょこちょこ買い足していったので、準備に3週間もかかりました。




富士山の登山ルートは4ルート。

どのルートがいいのか、本やネットを見て散々迷いました

どこかで「河口湖口」と「富士宮口」が初心者向けと聞き、

その2ルートで迷いましたが、一番メジャーな河口湖口は

相当混み合っていると聞き、富士宮口に決めました

8合目の山小屋に診療所があるので、そこに宿泊を決定して予約。

登山スケジュールも綿密に計画。

b117.jpg

焦って登ると体がついていかず、高山病になりやすいらしいので、

かなり余裕をもったタイムスケジュールにしました。

とにかく、疲労・寝不足は厳禁 と聞いたので、

前日は近くの本栖湖に宿泊。

夜は早々に休みました




当日、ゆっくり起きて、 ALをペットホテルに預け、

「富士宮口五合目」へ向けて出発~…と思いましたが、

ペットホテルの人に富士宮やきそばを強く勧められ、

富士宮やきそばをちょっくら食べに行くと、

富士山頂にある浅間神社の大本の 浅間神社があったので、登山の無事を祈りました。

b214.jpg






ここから五合目までの道が渋滞していて…

富士宮口五合目に着いたのは13時頃。

既にたくさんの車が駐車してあり、空きはほとんど無い状態。

運良くすぐに車を停められましたが、

荷物チェックで次男のサングラスが見つからず一家で大捜索…

五合目の標高に体を慣らすのに約1時間。

そんなこんなで、予定よりも出発が1時間半も遅れてしまいました

疲れを取ってくれるという、アミノバイタル・プロを1包飲んで準備万端






2011.7.25 14:10 富士宮口 五合目。

b261.jpg

(私の服装→山用中厚ソックス・cxwタイツ・山ガールスカート・速乾長袖Tシャツ・速乾半袖Tシャツ・軍手・帽子)



「ガンバルぞ、オー


意気揚々と登っていきます。

晴れたり曇ったりですが登山道はなだらか。まだまだ余裕~

w26.jpg

b265.jpg




富士宮コースは、登山道と下山道が一緒なので、

下山してくる人とすれ違います。

元気よく、「こんちはー





2011.7.25 14:35 富士宮口 六合目到着。

b282.jpg

(私の服装→五合目の服装+パーカー)

休憩を15分入れました。



この日のお天気、下界は 良かったのに、ここではイマイチ。

7合目手前から急に風が出てきて寒くなり、 雨が降ってきました。

慌ててカッパの上下を装着したり、ザックカバーをかけたりして、

結構時間がかかってしまいました。

w46.jpg




高山病予防に、『 食べる酸素 』という、タブレットをちょこちょこ食べました。

効いてるのか効いていないのか分かりませんが、

梅の味がして、気分スッキリ。おいしく食べました





2011.7.25 16:35 富士宮口 新七合目到着。

w40.jpg

(私の服装→六合目の服装+カッパ)



トイレ等、休憩を15分入れました。

トイレ等の発電機(!?)のモーターの匂いが、どうも苦手な私。

山小屋の近辺は、どこもこんな匂いがします。

トイレが終わると早々に出発します

w69.jpg




時々晴れ間も見えますが、風は冷たく、時々バラバラと雨が降ってきます。

ちょっと霧が晴れて視界が開けたかと思うと、

b307.jpg


あっと言う間に霧や雲が出てきて、視界が悪化します。





2011.7.25 17:55 富士宮口 元祖七合目到着。

w87.jpg

休憩を10分入れました。



この時点で、どう頑張っても18時に宿泊予定の『池田館』に着けそうもないので、

電話を何度もしましたが、全く出ませんでした。



とっくに雲の上。いい景色です。

w110.jpg




もうすぐ日没。

w63.jpg




この辺りから、私の体調が少しずつおかしくなってきました。

頭痛と気持ち悪さ……  でも、我慢出来る程度。





2011.7.25 19:10 富士宮口 八合目 池田館到着。

w125.jpg


予定の時間より1時間程遅れての到着だったので、

頼んでいた 夕食は、もう出せないと言われました。

売っている食べ物はクリームパンとあんパンのみだったので、

全員でパンを買ってほおばりました。

→それがまた、私の体調を更に悪化させる事になりました。

クリームパンを半分弱食べたところで、私、ダウン



20:00消灯。

押し入れの様な所に、ぎゅうぎゅうに冷たい布団を三組敷いて5人で寝ます。

b331jpg.jpg



0:30起床、1:30出発予定で、起きられるか不安でしたが、

気分が悪く、 トイレに何回も通っていた私は一睡も出来なかったので、

しっかりみんなを0:30に起こしてあげることができました。



もそもそと起きだし、着替えをしてトイレをすませ、

ヒートテック・フリースを着込み、カイロを出して防寒。



私は呼吸法で高山病が少し復活しました

この先、主人一人に子供三人を任せるのは無理だし…

二本目のアミノバイタル・プロを飲んで出発を決意





2011.7.26 01:30 富士宮口 八合目 池田館出発。

(私の服装→五合目の服装+パーカー・フリース・カッパ・軍手・カイロ)



この辺りから、登山する人の人数が断然増えました。

しかし、渋滞する程ではなく、ペースが遅い私達をたまに追い越して行く人がいる位。

スポーツ屋さんで勧められた、首から提げるタイプのライトが重宝しました





2011.7.26 02:40 富士宮口 九合目到着。

b352.jpg

休憩を25分入れました。


八号目出発時には元気だった末娘が、だんだん元気が無くなってきました

睡魔でフラフラ。呼吸が浅くなってしまい、高山病になりつつあるみたいでした。





2011.7.26 3:45 富士宮口 九・五合目到着。

b367.jpg


再び私の体調も悪化し、娘と二人でグロッキー

10歩歩いて1分休憩して進むのがやっと。

睡魔に襲われ続ける娘は、その束の間の休憩毎に岩にもたれて寝そうになっていました。

今思えば、呼吸を深くする様に補助してあげればよかったのですが、

その頃は私も自分の事で精一杯で全く余裕がありませんでした。

狭い登山道(と言っても岩だらけ)の端では、ゲーしている人もたまに見かけました。


娘は疲れと眠気でギリギリ

半泣きになりながらも、主人や私に

「ポケモンしりとりやろうよ

「頂上まで登れたら、お祝いに何かお土産買おうね 何がいいかなぁ~?」

と、励まされ誤魔化されながら登っていました。




ご来光の時間が迫り、だんだん周りが白んできました。

b384.jpg



ご来光に間に合うのか気になりだした、元気一杯の息子達

とても息子達のペースに追いつかず、

息子達二人を先に頂上へ行かせる事にしました。

主人はゲーゲーガールズの付き添い。(娘はゲーしてませんでしたけど)






2011.7.26 4:35 富士宮口 富士山頂到着。


必死こいて、やっとの思いで頂上に着きました~

w148.jpg





2011.7.26 4:45 ご来光

b394.jpg

b399.jpg



実は私と娘、グロッキーでご来光どころではありませんでした。

頂上にある3メートルくらいの岩山をよじ登れば、

そこから、この美しい ご来光が見えるのですが、

その3メートルが登れない。。。

なんとなーく周りが明るくなるのを見ているのが精一杯でした。

山頂の郵便局からハガキを出そうとも思っていましたが、そんな余裕ナシ



お鉢周り!? そんなの、とんでもない!!」

と、首を横に振り、休憩所になだれ込みました。


まだまだ体力有り余る息子達。

「その湯気、こっちにやらんでくれ

b404.jpg

と、土色顔色のゲーゲーガールズを尻目に

1つ800円 のカップヌードルを美味しそうにズーズーやっておりました。

恐るべし、 サッカー少年の体力。




山頂の 浅間神社にて、無事登頂のお礼参りをしました。

b407.jpg






下山に続く…

(この長文を最後まで読んでくれた奇特な方!御礼申し上げまする












プロフィール

ALママ

Author:ALママ
『 AL 』 (アル)
2008.11.7生 ♂ (8歳3ヶ月)
千葉県
ブリティッシュケルブ出身

6歳すぎた辺りから色々不調がでてきましたが、
上手に付き合っていこう!

ALブログカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード